ブックタイトル宮崎学園短期大学 2018大学案内

ページ
34/40

このページは 宮崎学園短期大学 2018大学案内 の電子ブックに掲載されている34ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

宮崎学園短期大学 2018大学案内

E地域に根ざし、地域に聞かれた大学であるために地域交流・貢献の活動も積極的に行っています。本学は、宮崎女子短期大学の時代から、地属とともにあり地域に貢献する短大であろうと努めてきました。その思いは宮崎学園短期大学となった今も変わらず、さまざまな取り組みを行っています.「幼保連携型認定乙ども園」への移行が進む中、本学では平成26年度から幼稚園教諭免許状のみを有する方の保育士資格取得のための講座を開設しホ,咳す.平成21年より導入された教員免許更新制に伴い、本学では、主に幼稚園教諭を対象に、必修領域、選択必修領域および選択領域の講習を実施していま主本学教員の専門性を生かした研修会を実施し、現場の保育者と共により良い保育を探っていくととと、本学学生が参加して学び、専門性向上の意識を高める乙とをめざして毎年実施していま君主乳幼児をもっ保護者の方々を主な対象とし、親子遊びを楽しむなかで子どもとのかかわり方や子脊てへの理解を深めるとともに、保章者同士受流していただく乙とを目的としています二一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一「一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一「年齢を重ねても生き生きと学rJ続りたい」そういう願いを受けて誕生した講座です.勿論、一般の方も受講大歓迎.本学の教員が講師を務めます.本学で展開されている教育内容を広く県民の皆様に餅すると共に、教育的な遊びを通して皆権方のお役に立ちたいと毎年開催している一般開放イベントで式→ ← → ← → ← → ← → ← → ← → ← → ← → ← → ← ーしー← → ← → ← → ← → ← → ← → ← → ← → ← → ← → ←生涯学習の一環として本学教員が講師を務める一般向けの講座です.リピーターとして毎年参加される方もおられまれ宮崎市や清武町など、地元地域の様々な活動に現代ビジネス料の学生が参画し、地域の方々と共に、企画の計画・立案、実践を行い、地域の活性化ならびに地域貢献に取り組んでいます.こども音楽教育センター宮崎学園短期大学では、平成3年度からミュージックセラピーの教室を闘いています.現在は乙ども音楽教育センターとして、学内で「ミュージック・セラピーコース」と「ミュージックコース」の教室を聞き、幼児から社会人まで約80名の方々が通っています.保育科の学生は「乙ども音楽療育士Ji音楽療法士二種jの資格取得に必要な実習を、学内にいながら受けるととができます.豊富な臨床実習を通して、理論と実践を一体化して学ぶ乙とができます.32 MIYAZAKI GAKUEN JUNIOR COLLEGE『宮崎学園短大ヘ入学してよかった!J『自分がこんなに成長できてうれしい!Jそんな声が聞きたくて。可氾は4一・一と一FD動』FF活‘ FO'SO(Faculty'Staff Oevelopment)とは、全教麗員が協力して大学の教育機箆・環境の向上に組織的に取り組むととです.本学では平成10年度から、授業だけでなく学生支援その他も含め、本学教育の充実を目指す活動に取り組んでいます.FO活動では本学学生に必要な教育内容・指噂方法を研究実厩し、SO活動では学生支援や教員支援を推し進め、本学卒業生の生き抜くカを向上させ、幸摘で充実した人生が送れるように願っています.目指すは本学を《日本ーの短大》にするととです.入学した学生を成長させることにおいて日本ーになることを目指して、教鴎員が協力して実隠しています.FO.SO宣言本学は、宮崎県を中心とする著者とその保障者にとって、創立の当初から今日に至るまで、かけがえのない学びの場であった.その存在意醸の強さ、大きさを再確隠した晴、本学は、学ぽんとする若者のために、何があろうと也、現在から未来に安井忠軒先生ゆかりのこの地に在り続けなければならない.21世記を迎え、厳しい少子化の試練の中で、本学がとれまで以上に存在意穣を持ち続けるためには、本学に関係するすべての高校に、本学が有している敏多くの特色、魅力、意気込み等々を、迫力を持って発信し、入学者すべてに漂い充実感、満足感を与える教育を実現しなげればならない.これは本学の使命であり、また、ここに集う教麗員一人ひとりの願いでもある.私たちは、互いに厚く敬意を払うに足る努力を継続し、協力しあって宮崎学園短期大学の未来を拓いていくことを、敬鹿なる思いと強い自個を持ってここに宣冒する。|私たちは、このLiUJ・t;fi]宜冒のもと、宮崎学園短期大学としての、新たなー腕踏み出しています。I教員相互捜蝿看F観FO・50研修会.、トー各教職員の努力目標を公表します. 学生の声を受付止めて教育にかける心をひとつにします.授業改善に活かしています.ガイダンスアワーFO・50ニュース自己点検・静価相互吏涜会互いに学び合います.教育カンファレンスL\学生の教育について話し合います. 学生の全人形成を目指します. 2017'年で'204号を超えました. 授業と教育力について研鐙する場です.EE識iJi司iE高い入学満足度を維持しています固H ンー叫化… した。・教員が授業・学生とのコミュニケーションに熱心になり、より工夫するようになった..教員聞に連帯感が生まれた.2017隼84.3'首2016年85.蜘2015年84.4'も2014年85.8'弘2013年83.5%2012年85.7鳴2011年84.5'首【%)0 10 20 30 40 50 60 70 目。90 100|学生と教員共同気に成長する短大にな北l調