ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
116/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている116ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

112匡霊盟柿沼敏江【KAKINUMAToshie】教授専門/西洋音楽史.現代音楽論カリフォルニア大学サンディエゴ校博士課程修了。Ph.D.取得。2001年より本学教員。現代音楽だけでなく線々な音楽を比較しながら,つねに音楽の原点、に立ち帰りつつ,研究を続けている。著曹アメリカ実験音楽は民族音楽だったJ(2005)。ミュージック・ペン・クラブ賞(2011)。山国陽一【YAMADAYoichi】教綬専門/民族音楽学,音響人類学大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。学術博士(大阪大学)02001年より本学教員。音と身体の響きあいをテーマにした『音響身体論」を展開している。著書「響きあう身体一音楽・グJレーヴ・葱依J(2017),編著書「音楽する身体一〈わたし〉へと広がる響きJ(2008)など。田漫尚雄質1998),小泉文夫音楽賞2004)。津崎実【TSUZAKIMinoru】教授専門/音響心理学.音楽心理学1982年東京大学大学院人文科学研究科心理学専門課程修士課程修了, 2004年より本学教員。ATR人間情報通信研究所在籍中(1995-1996) には英国ケンブリッジのMRC応用心理学ユニットの客員研究員として滞在。大学時代より一貫して聴覚に関する研究を手がけている。池上健一郎【IKEGAMIKen'ichiro】講師専門/西洋音楽史,音楽学慶慮義塾大学で日本史学(学士),音楽学(修士)を学んだ後.ヴユノレツプJレタ大学で博士号取得。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生(2007-2010)。慶慮義塾大学,横浜市立大学,神奈川県立保健福祉大学非常勤講師を経て, 2016年より本学教員。ハイドンとプルックナーを中心とする18-19世紀のドイツ器楽が専門。西洋音楽における自然表現とその変遷にも関心を寄せる。医歯冨山村麻予【YAMAMURAAsayo】特任講師専門/教育心理学,発達心理学2014年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。2017年大阪大学博士(人間科学)取得。大阪大学未来戦略機構特任助教を経て,2017年より本学教員。2015年より一般社団法人子ども青少年育成支援協会が運営する「発達障害サポーター'sスターノレJ講師。教育現場でのボランティア経験などに基づきながら児童生徒の「思いやりJを研究している。日本伝統音楽研究セYター渡辺信一郎【WATANABEShinichiro】所長専門/中国古代史,中国楽制史1976年京都大学大学院文学研究科東洋史学専攻博士課程単位修得退学。1976年一2014年京都府立大学文学部教員,学長を経て, 2018年から現職。著書『中国古代の国家と財政~ (汲古書院, 2010), ~中国古代の国家と楽制一一日本雅楽の源流~ (文理閣, 2013) ほか。藤田隆則【FUJITATakanori】教授専門/ethnomusicology(民族音楽学)1988年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中退。京都大学人文科学研究所助手,大阪国際大学人間科学部助教授,ミシガン大学日本研究センター招嶋教授等を経て2005年から本学教員。著書『能のノリと地拍子J。竹内有一【TAKEUCHIYuuichi】教授専門/日本音楽史,近世邦楽園立音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。同大学非常勤講師等を経て, 2004年から本学教員。主な編著「詞章本の世界J,r常磐津節演奏者名鑑」等。第22田清栄会奨励賞受賞(2009)。文化庁芸術祭執行委員会委員などを歴任。常磐津若音太夫の芸名で実演活動にも携わる。武内恵美子【TAKENOUCHIEmiko】准教授専門/音楽学,日本音楽史2004年総合研究大学院大学文化科学研究科国際日本研究専攻修了。博士(学術)。国立音楽大学助手,秋田大学准教獲を経て, 2014年から本学教員。著書『歌舞伎磯子方の楽師論的研究ー近世上方を中心として~ (和泉書院,2005)他。第24回国漫尚雄賞.第20回清栄会奨励賞受賞。回鍬智志【TAKUWASaioshi】准教綬専門/日本音楽史,民族芸能2002年大阪芸術大学大学院芸術文化研究科博士後期課程修了。大阪芸術大学大学院文化研究科嘱託助手,大阪府教育委員会事務局文化財保護課非常勤嘱託員,本学日本伝統音楽研究センター非常勤講師を経て2012年から本学教員。蔚藤桂【SAITOKei】講師専門/音楽学,日本音楽史2010年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了,博士(文学・大阪大学)。日:本学術援興会特別研究員PD(東京大学),同二国間交流事業特定園派遣研究者(シベリウス音楽院に大阪大学大学院文学研究科助教を経て2018年から現職。2006年度〈柴田南雄音楽評論賞〉奨励賞。著書にW(裏〉日本音楽史:異形の近代~ (容秋社, 2015年), W1933年を聴く.戦前日:本の音風景~ (NTT出版, 2017年)。芸術資源研究セYター佐藤知久【SATOTomohisa】准教授専門/文化人類学2002年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博蛍人間・環境学)。京都文教大学総合社会学部教員を経て, 2017年から本学教員。著書『フィールドワーク2.0~ (2013),編著『世界の手触りフィーノレド哲学入門~ (2015),共著『コミュニテイ・アーカイプをつくろう!せんだいメディアテークr3 がつ11 にちをわすれないためにセンターJ 奮闘記~ (2018),W宇宙人類学の挑戦~ (2014) など。