ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
29/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

をTea出OtJ数担当教員池田精堂今村遼佑大塚朝子笠間弥路雑賀通;告教短中ハシ克シゲ専門/彫刻教浸松井紫朗専門/彫刻教浸小山田徹専門/彫刻ぱtcLiuiμω数授業に|見JJiliした活動非常勤講師教i豊中原浩大専門/彫刻市中目合及協彫市氏UM献金朝モデリングの授業~YJJ焚~ η '1ι."'"tt r2I圃生きた豚をモデノレに塑造。最後に感謝を込めて頂きます。登り窯実習粘土は心に思い描いた形をすばやく自の前に実現することのできる素材のひとつです。これに焼成のプロセスを加えることで,より安定した媒体となり,古来よりさまざまな民族に用いられてきました。彫刻ではこの技法について,登り窯実習として数年に一度,実体験できる機会を設けています。バシェの音響彫刻再生フ。ロジェクト1970年大阪万博で発表されたフランソワ・パシェとベノレナーノレ・パシェ兄弟による音響彫刻の再生プロジェク卜。音楽学部と共同で取り組み,再生された楽器を使った演奏も行っています。共有空間の獲得「社会に於ける多様性の確保の為に共有空間の創造は有効である。」との考えの下,東北地方太平洋沖地震の被災地での食事提供の実践を含めた屋台を中心とした共有空間の開発を試みまし7こ。彫刻の学生を含むテ7 演習で計画し. 2011年9月に学内及び宮城県女川市等で実践し,現在も東北地方とのプロジェク卜を継続して進めています。25