ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
35/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

'{j[ea油危i[J,数担当教員教綬辰巳明久専門/ビジュアノレテ'ザイン教盟滝口洋子専門/ファッションデザイン,テキスタイルテ'ザイン'(jftAuitieJ,多数授業に|品l述した活動非常勤購師今西啓介岡野邦彦楠麻耶桑田知明坂野徹中坊壮介中村真紀藤脇慎吾山崎泰寛ヨーロツノfの大学との共同授業ビジュアノレ・デザイン専攻では, 2009年度からヨーロツパの芸術大学とイラストレションの共同授業を行なっています。2016年度のテーマは「内と外Jです。《参加校》ポローこヤ・アカデミー(イタリア)ハンプルグ応用科学大学(ドイツ)国立パリ高等装飾美術学校(フランス)7ツサーナ美術学校(スペイ:..-)デイサービス施設との連携授業高齢化社会が進む現代において,デザインがすべきことは何か?デイサービス施設との連携授業では,施設を利用されている介護が必要な方守や,施設運営を行なっているNPOのみなさんと共に考え,検討し,創りあげる実践型の授業を通して,より快適で豊かな生活とは何であるかを学びます。yJ川l史V俗E JT盟国市制楠割引准教授舟越一郎専門/グラフィックテ'ザインインクルーシブデザイン平面ー立体ー空間への展開2015年度から,プロジェク卜の初期段階から視覚障害者の方に参加していただき,企画・開発から完成まで共に創りあげてゆく,インクルーシフoデザインの手法を導入した授業を行なっています。様々な気づきの中から,視覚に障害を持った方々の生活にとって利便性のあるもの,あるいは視覚障害者と晴眼者がコミュニケーションするためのものをデザインしてゆきます。ビ‘ジュアJレ・デザイン専攻公式ウェブサイト回盟国君l担回国~田端回目融坦「囲碁白川副品開同T 回盟国31