ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
39/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている39ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

研acheJtd,泳担当数民非常勤鴎師子寿友平麻代千清一噛陽朝香粥池橋副村井田原小小高曽村吉吉准教浸牛田裕也准事童館高弁節子教浸塚田専門/機械工学,ものづくり全般専門/環境デザイン章専門/プロダヲトデザイン幌.cuu似ω券業授業に関連した活動コミュニケーションとモノ作り体験をデザインする授業での成果を発表する場として,芸大祭で模擬庖を企画し,実際に来場者に体験してもらう「おめん作りJワークショップを実施しました。3回生の課題としてr人と空間の関係性をデザインするJというグノレープ制作により,提案するだけのデザインではなく,実際に人が集まる機会を使い実践的なアプローチからデザインの可能性や価値を見出すことを狙いとしています。まずは具体的な内容のアイデアを出し合い,全員でプレンストミングを行います。そのアイデアから最終の内容をまとめ, ワークショップに必要なものや模擬j苫の空間などをデザインします。おめん作りのワークショップでは,用意したプラスチック板を熱で加工し整形し,絵の具やマーカーで着色します。地域の子ども達から卒業生まで幅広い年代の方守が楽しんで参加する企画となりました。35.. ... .. .. .. .. .. ... .. .. .. .. .. ... .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. ... .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. ... .. .. .. .. .. .. .. .. .. ... .. .. .. .産学連携は,教育の一貫として,様々な企業から,商品開発に関するデザイン的諸問題を提示いただき,その中から学生課題として相応しいものを選びます。学生が中心となり企業に対して問題解決及び提案を行い,その成果を企業に提供するものもあります。これは企業内でのデザイン開発における閉塞感・マンネリ感等から少しでも新鮮な学生の感覚・発想やアイデアから刺激を受けることを目的に行う場合が多く,一方,学生にとっては企業での商品開発に参加する事により,様々なプロセスを経験できる場になります。企業の人々に直接プレゼンテーションできる機会でもあり,学生聞や教員に向けたプレゼンテションとは違う体験を得ることができます。新しい文具の提案,和菓子のオーナメン卜提案,スイーツパッケージ提案,端材を使ったテープノレウェア制作などに取組み,学生のデザイン提案が実際に商品化され高い評価を得ているケースもあります。産学連携には, まだまだ解決しなければならない多くの問題が企業の側にも,そして大学側にもあります。しかしこの十年, 少しずつながら企業との共同作業を通して学生の力を活用した事例を重ねてきました。この蓄積を糧として,今後も教員各自の研究と共に, 学生の力を社会に還元し, リアノレな企業の現状-現場からの情報を教育に活かして行きたいと考えています。産学連携.. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. ... .. ... .. .. .. .. .. .. ... .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. ... .. .. .. . .. ... .. .. .. ... .. .. .. .. .. .. .. ... .. .. .. .