ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
52/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている52ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

令、[大学院]美術研究科博士(後期)課程48窃亙江川l。抱伽014ゆLψo仰JlaicOW1f0研究領域伊ω叩川九勺守ieLdJ,日本画。liho凡g.(1;高度で創造的なテーマを設定し,日本画制作並びにそれに関わる理論的考察を深めます。自己の中だけで完結するのではなく,他者への客観的提示を意識し社会性を考察します。それにより独自の日本画を創造し,新たな価値観を生み出し,美術や教育の分野で特に高い能力を持った先導的立場に立つ人材を養成します。;油画中b.i川111[}油画を中心とした技法による実技と理論の研究を通して絵画の創作を研究します。絵画表現の理論研究とともに,目的に応じた絵画材料や基底材(壁面を含む)の使用法について広汎かっ高度な研究を行い,新たな絵画世界の創造を図ります。:版画中川加ほki.11[}版画の諸技法と理論の研究を通して版画の創作を研究します。「版J特有の表現方法の研究とともに,デジタノレ機器などを用いた表現形態など,表現目的に応じた技法の広汎かつ高度な研究を行い,新たな「版」表現の書IJ造を図ります。:構想設計白恥巴pGaru.i @'nωLi1I中切削.l1g,広い視野に立って,芸術の中でメディアが果たすべき役割と新たな表現の可能性を研究します。また,高度な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を有した高等教育における指導的人材の育成を図るとともに,学外連携・共同研究を促進します。彫刻印加伊仙b彫刻の実技と理論の考察を通して,彫刻の創造研究を行います。空間的,立体的表現に関する理論の研究とともに,表現意図に応じた素材,技術の広汎かつ高度な専門研究を行い,空間や立体に作用する諸要素も計測に入れて,新たな彫刻表現の創造を図ります。また,高度な専門研究を通じて,高等教育における指導的人材の育成を図ります。有骨足、hh 』、唱』、』らu~t ~ t、.tlJ・ピジ、ユアJレ・デザインポi!uuaicS)eJigrlJ‘'実技と理論の高度な制作・研究を行います。学生は,それまでの作品制作の実績を踏まえた研究テーマを設定し,担当教員の綴密な指導のもと,作品制作と論文の著述を行い,新たな表現に結びっく制作・研究を行います。環境デザインδ耐I'uJl1mcnlα闘のeJig凡空間デザインの美学的側面のみでなく,構想,技術,感性の統合として,社会的価値を理論化する研究者を養成します。空間リーダーとして,構想、あるいは実践計画を通じて社会に寄与することを求めます。プロダクト・デザインφωdμ巴LcS)ωignノプロダクト・デザインに関する実技と理論の研究を行います。生活環境に広範囲に存在する産業製品のテ、ザインについての理論的研究を行うとともに,産業領域,公共領域,福祉領域,文化領域などの諸領域を対象としたデザインの実践的研究を行います。陶磁器C初mω陶磁素材による創作とその理論を研究します。伝統的な陶磁器制作の研究を踏まえ,新たな視点から技法研究や広く陶磁素材を用いた表現の理論的研究を行い,現代における陶磁表現による倉IJ作を行います。漆、エポ泌.uJh~ 邸時国ilil1[}漆を素材とした創作とその理論を研究します。伝統的な漆工制作の研究を踏まえ,塗装方法の比較研究と広〈漆を用いた表現の理論的研究や,現代的な漆芸作品の創作を行います。,. ;.