ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
56/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている56ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

52-E冨園冨園・本サf王't'生が、$章生I ~ 聞きまし(: I[音考ラ'苦M晶]音楽学部の卒業生インタヒ、ユーは,現在,北欧フィンランドの交響楽団でティンパニ・打楽器奏者として活路中の安田直己さんに登場いただきました。管:fJ楽専攻で、研鎖に励んだ学生時代のことや,卒業して現在に至るまでのお誌をお聞かせいただきました。たとえ失敗しても,振り返れば成長した自分がし、るはずです。Wll毛主\9安田直己INaoki YASUDA1984年京都府出身。2007年京都市立芸術大学卒業。卒業演奏会に出演。2009年同大学院を首席で修了。大学院賞を受賞。(公財)青山財団の助成を受けベノレリン,ウイン,ストックホノレムにて研鎖を積む。兵庫芸術文化センター管弦楽団ティンパニ打楽器奏者を経て, 2014年にフィンランド放送交響楽団に副首席打楽器奏者として入団,現在副首席ティンパニ奏者を務める。2008年度青山音楽賞新人賞受賞。兵庫芸術文化センター管弦楽団のリサイタル公演, NHK-FM公開収録「リサイタノレノウ、7J等に出演。2017年度京都市立芸術大学非常勤講師。やすだなおきテインパニ打楽器奏者安田直己さん母が音楽好きで,子どもには何か音楽をやらせようと考えていたらしく,小さい頃から兄はドラム,私はピアノを習い始め,兄のドラム教室にもよく遊びに行っていました。中学・高校とも吹奏楽部の強豪校に通い,練習漬けの毎日を送りました。高校の部活の先輩には,現在NHK交響楽団の首席トランベット奏者として活躍されている菊本和昭さんがいらして,その当時京芸で学ばれていました。私は,京芸に行けば菊本さんレベノレの人が大勢いるのではないかと考え,京芸を目指すことにしました。公立ですから私学と比べて学費面での負担も軽いということもありました。試験は京芸本で臨み,センター試験も二次試験も上手くいき, 無事に合格できました。大学に入学した年は,高校時代とは環境が大きく変わり戸惑うこともありましたが,概ね楽しい学生生活を過ごしました。2回生大学2回生冬の試演会