ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
61/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている61ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

演奏旅行夏期休業期間中に行われる演奏旅行では,有志の学生によってオーケス卜ラが編成され,地方の学校に出向いて公演します。声楽専攻の学生が同行する場合もあります。実技試験実技試験は,学内公開で行われ,採点の先生以外にも観客が来られる場合もあるので, 一つのコンサートのような雰囲気で行われます。京都芸大からスゴイ音楽家が生まれる理由学生が専門分野における技術と知識を学ひ,感性を養うとともに,あらゆる芸術の土台となる幅広い教養と,次の力を身につけることを目的に,専門的な内容である専攻実技とともに,広〈音楽的教養を身につけるべき音楽史,音楽理論関係の授業・演習,一般教養科目,語学科目を開講しています。※卒業に必要な124単位を, 4年間で履修します。; :~専攻によって,必修科目と受講可能な選択科目が異なります。必修科目講義・演習科目実技レッスンに加え,学術系の科目の履修を通して音楽演奏に関わる精神的な根幹,あるいは現代にも通用する知識人としての音楽家・研究者の養成を目指しています。講義・演習科目の例-ソノレフェージュ.西洋音楽史・音楽音響学.和声法選択科目専門科目専攻によって異なりますが,卒業に必要な最低単位数124単位中の5~6 割は,この専門科目に属します。専門科目の例・楽曲分析.管弦楽法・民族音楽学.音楽学特講e一般教養科目哲学,文芸学,文化人類学,西洋文化史,日本文化史,心理学,入門講座,数学などを開講します(一部は隔年開講)。保健体育科目生涯教育的な観点からのスポーツの意義を実践等を通して学びます。語学(外国語)国際社会に対応する教養として,また研究教育の深化を図るために学ぶことを目的とする科目です。グローパノレ化に対応する人材を育成するために,英語・ドイツ語・フランス語イタリア語,すべての語学においてネイティフ。スビーカーによる会話に重点を置いた授業を行っています。また,上級グレードの授業では,音楽文献を原語で読み,理解することを目的としています。自由科目群その他,教職に関する科目及びその他の科目を開講しています。教職課程教職に関する科目を履修することにより,中学校教諭一種免許状(音楽)と高等学校教諭種免許状(音楽)を取得することができます。教職課程の意義を十分に理解し,履修方法や手続き等に間違いがないよう周到な計画と準備をして臨んでください。EJ跡事事持r!T:P.;孟何回掴喧温四画面茸車温遣軍調目57