ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
67/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている67ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

。初i.ic凶~tLn'u泳ピアノ専攻のカリキュラムピアノ専攻の教育は,クラ、ンック作品が本来内包している構成,論理, ドラマ,感情や作曲家の究極的な意図,美意識やスタイノレなと‘を,可能な限り理解するために必要な基礎的知識と技術を身につけることを目的としています。過去の巨匠作曲家作品の良き解釈者となるためには,高い技術と感性,思考,伝統的な奏法や考え方等の裏付けに加えて,スケーノレの大きな想像力が必要となります。それらを獲得するためには,進歩がはっきりと目に見えるものや早急に結論を引き出せるものだけではなく,目立たず,日常的に一つ一つ積み重ねていくものが必要です。このようにして,少しずつ糧となり, 一生を費やして追求することによってやっと花開くものの中にこそ,本当の成果があると考えています。最終的には,それぞれが,将来独自の見識により演奏することができるような堅固な基礎を身につけることを目指しています。ピアノ専攻では, ソ口演奏の個人レッスンに加え, ピアノデュオ,伴奏,室内楽の実践的な指導も行い,ピアノ演奏のあらゆる可能性を身につけられるよう,多元的な教育を行っています。出来るだけ充実したレパートリーを身につけることを推奨していますが,最低限これだけは身につけて欲しいという目安として,学年ごとに試験の課題曲が出されます。メンデノレスゾン,シュマン,ショパン,ブラムスを含むロマン派様式の作品の理解と習得1945年以降の作品を含む近・現代作品の理解と習得,様々なソナタ作品の理解と習得規模の大きな作品,あるいは様守な曲によるプログラム編成の理解と習得, ピアノ協奏曲作品の理解と習得4年間の学習の集大成として,広範囲にわたるピアノ作品から,各個人の特性等を考慮し,選択された任意の作品の理解と習得勺〆』ユ。シェソノレフ内Jι11q,ι法1奏奏伴重JJJ ノアアピピ内Jιノピアメディア学法学演劇学文化人類学西洋美術史日本美術史日本文化史アジア文化史鍵盤楽器総論1.1A“守司喝JVユJ/エフレノリノA斗qJAU寸法3奏奏伴重JノJノアアピピA斗今、JVJ ノアピ西洋音楽史|西洋音楽史1合唱和声法中級 |l西 洋音楽史1作曲法(編曲;去を含む)I音楽心理学|英語日楽音響学フランス語ピアノ伴奏法5.6 ドイツE苦ピアノ5・61ピアノ公開演奏チエンノ〈ロ(冨IJ科)1・2 I合唱指婦法(副科)1・2声楽(冨IJ科)1・2楽曲分析対{立}去イタリアE苦民族音楽学ピアノ7・81ピアノ伴奏法7・8'tfiLcLiL'iL ω数授業に関連した活動チェンノ〈口(副科)3・4 旧本音楽史声楽(冨IJ科)3・4 音楽学特講他{也ピアノフェステイノ心レ学内オディション及び推薦で選出された学生による演奏会で,ピアノ専攻の教育成果を市民の皆様に披露する場となっています。市中のホノレで開催される本コンサートを通じて,学生たちは聴衆の反応や息遣いが感じられる中で表現力を磨く訓練をします。(協賛:京都ライオンズクラブ)その他,音楽家に求められる広範な知識を習得し, 表現力を磨く機会が多〈設けられています。.r特別講座l・ー第一線で活躍する演奏家による公開レッスン,レヲチャー,ミニコンサート・「学内リサイタルJ…4年次選抜者によるリサイタノレ.r楽曲分析Jや「ピアノ演奏法特殊講義Jなどの侵業・定期演奏会の出演(選抜者)63