ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
69/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている69ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

白訪五,ic叫,LLm数弦楽専攻のカリキュラム将来,演奏家として社会に貢献できる人材を育てることを目標にし弦楽専攻では,各々の個人レッスンで演奏上の基礎テクニックと表ています。それには学生に演奏技術や表現法の他,様々な知識と知現法を習得し,室内楽1 弦楽合奏,オーケス卜ラの授業を通して合奏恵を身につけた上で,どの作品も自らの力で解釈し,演奏できる能力能力を身につけます。を養ってもらわなければなりません。在学中にはできるだけ多くの演年2回の独奏による実技試験のほか,各クラスで自発的な試演会奏経験を積むことで,音楽作品への理解と共感をより深め,作品がも行います。またオーケストラの定期演奏会が京都コンサートホーノレ持つ真の美しさや自身が得た音楽への感動を世の人々に伝えられるにおいて年2回開催されほかにも学内外で多数の演奏会に出演す表現力も培ってもらいたいと望んでトいます。る機会があります。このため入学後前半2年間では,演奏技術や表現法の基礎力の徹底を図り,後半2年間では,ソリストとして,また室内楽やオケストラ奏者として,どの分野にも要求される高度な演奏技術と表現力,そして高いアンサンフソレ能力を身につけてもらうことを目指しています。作品から各個人の個性と能力に応じて選択された任意の作品の理解と修得弦楽1・2 I弦楽合奏1・2 Iオーケス卜ラ1・2 Iソノレフェージュ1・2I和声法初級|ピアパ副科)1・2 I西洋音楽史1 メディア学合唱法学西洋音楽史川演劇学弦楽3・4 I弦楽合奏3・4 Iオーケストラ3・4 Iソノレフェージュ3・4 I 音楽心理学文化人類学ピアノ(副科)3・4ウVオラ(副f4) 音楽音響学英語西洋美術史*ウ'7イオリンのみ合唱フランス語日本美術史ピアノ(菖IJ科)5・6 和声法中級ドイツ語日本文化史弦楽5・6 I弦楽合奏5・6 Iオーケス卜ラ5・6 I |音楽学演習e |指揮法(副科)1.2 楽曲分析イタリア語アジア文化史(弦楽四重奏) 声楽(副科)1・2 対位法社会学民族音楽学心理学室内楽.8 Iオーケストラ7・8 I声楽(副科)3・4 音楽学特講他他1flcLu 'iLiCJ〉業授業にl則述した印刷おとごよみウエスティ音暦おとごよみ地域への文化芸術の還元,地域文化への寄与,市民に対する良質り, Iウエスティ音暦Jと銘打ち実施しています。2010年度から,年2な音楽の提供を目的として,大学の所在区にある西文化会館での演奏団の内1回を弦楽専攻が担当しています。会を京都市西文化会館T 京都市音楽芸術文化振興財団との共催によ、~、.也- ♀t:if.t乙イ♂ y ・ー『冒, ehF音暦民よ主主.卜輔雌域開一層璽開必めlIIlIHIIl ιス.....字何人....ιe均,',唱躍盟副国圏65