ブックタイトル京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

ページ
93/122

このページは 京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019 の電子ブックに掲載されている93ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

京都市立芸術大学 大学案内 2018-2019

大学会館大学会館の中には,芸術資源研究センターが研究スペースを構えるほか,演奏や上映,展示などにも使える円形の「ホーノレ」をはじめ,講演会など多目的に利用できる「交流室J,作品の展示も可能な「ホワイエ」や「小ギャラリーJ,コンビュータを使った美術や音楽の制作実験ができる「情報スペス」があります。屋外には円形ステージがあり, イベン卜等で活用されています。情報スペース大学会館2階の情報スベスはングフ。ロッター, 3Dプリンタ等の出芸術表現におけるコンビュータを活用力機器,サラウンド音響編集システム,した教育・研究を行うための施設で4K映像編集システム等の機材が設画像合成,3DCG,映像・アニメー置されています。ション制作,デノくイス制御プログラミまた,デジタノレー眼レフカメラや4ング,楽譜作成,音楽制作,レコーディK対応ビデオカメラ及びそれらの周ング等,コンビュータを活用した新た辺機材,録音機器やデジタノレ音源な表現の可能性を発見する場として等の音響関連機材も取り揃えており,機能しています。コンビュータと連携活用することによグラフイツクワクステーションをはり作品制作・研究に生かすことが可じめPC (Windows / Mac), 3D 能です。スキャナ,モーションキャプチャー,イこれらの機器の利用に際しては,メージスキャナ等の入力機器,大型常駐する専門スタッフの指導を受けプリンタ,レーザープリンタ,カッティることができます。情報演習室コンビュータミュージッヲ室新研究棟1階から5階までが大学院博新研究棟のほかにも博土課程士(後期)課程の研究室やア卜の附属棟として,立体工房,陶リエ,6階から8階までは日本磁器研究棟, 映像スタジオ棟が伝統音楽研究センターが設置さ学内に設置されています。れており,いずれも高度かっ特殊でありながらもユニークな研究機関が集合しています。主主主,芸会iW}よ止本学の講堂は, 入学式や卒業式などの式典のほか,音楽学部・音楽研究科の公開試験や試演会から,オーケストラや室内楽のコンサー卜,本格的なオペラまで,幅広い演奏会に使用され,学生たちに親しまれています。学生が使用するときは,専門のスタッフから照明や音響の指導を受けることもできます。ホーJレホワイエ受流室:Iぞ89